ネットショップリスティング活用入門

ba707b45043e0d45c0d011944178e4d5_s

現在多くの方が運用されているネットショップサイト。この人気の秘密は誰でも簡単に始められ、自分のお店を持たなくても気軽に商品を販売できて高い売上を実現できてしまう点です。

しかしネットショップサイトが完成していざネットに公開したとしても、例えば検索順位がずっと圏外だったり、サイトに訪れても購入まで至らずに直帰してしまうような場合はあまりいいサイトではないと言えます。

まず高い売上を誇るネットショップサイトの構築にはSEOに適した効果的な施策を行うところから始まります。そして価値の高いサイトが完成したら、次は広告戦略です。自然検索での上位表示だけではなく、リスティング広告によって多くのユーザーの目に止まるように対策をする必要があります。

◯リスティング広告とは
リスティング広告とはグーグルやヤフーなどの検索エンジンで、ユーザーが検索したワードに対してその結果に応じて連動して表示する広告になります。別名「検索連動型広告」とも言われています。
リスティング広告はキーワード単位で広告出稿ができるために、検索キーワードに含まれるユーザーの興味・関心にターゲティングすることができます。キーワードで検索するユーザーのニーズが何かをよく考察した上でリスティング広告を出稿することで、SEO対策やSNS等の広告戦略ではできない効果的な顧客獲得へとつながっていきます。このプランニングや広告戦略に関してはWEBに関する高い専門性と市場認識力が必要になります。業者に頼むことで広告自体は簡単に作成することはできますが、よりその広告の効果を高めるためにもどのターゲティングでどれだけの流入数を狙うか、目標とするビジョンは問い合わせ前にしっかりと固めておきましょう。

リスティング広告においては、国内の検索エンジンの6割、そしてナンバーワンのページレビュー数を誇っているのがYahooプロモーション広告です。またGoogle AdWordsは利用者が世界ナンバーワンで、こちらも国内の検索エンジンの3割と高いシェアを誇っています。

リスティング広告はSEOと違ってキーワードんお入札価格や広告としての品質の順位付けによって表示されるため、お金を出すことで上位表示されるので、比較的すぐに成果が得られる点です。SEOは長期的に見れば必要不可欠な施策ではありますが、対策してそれが順位に反映されるまでは2〜3週間はかかります。
リスティング広告のみでサイトへの流入を狙い続けるのも無理がありますが、瞬間的な効果は非常に有効な広告になります。例えば「入札価格」「表示のコントロールができる」「表示させるリンクを自由に設定できる」「出稿まで時間がかからない」といったことが主なメリットになります。

ネットショップSEOで上位表示しよう